どうして電話エッチにはまってしまうのか

どうしてテレフォンセックスにはまってしまうのか。 - 仕事終わりにテレフォンセックス

アーカイブ

電話エッチ

妄想エッチ

仕事終わりにテレフォンセックス

私の毎日の楽しみはテレフォンセックスです。
30歳なのでテレフォンセックスをしているなんて可哀想という人も中にはいるでしょう。
でもこれで十分生活をする事ができていますし、ちょっと嫌な事があっても、テレフォンセックスをする事で嫌な事を吹っ飛ばしてくれます。
「私の日課・・・」
私の日課は朝6時に起きます。
家は7時半に出れば仕事も8時からなので十分間に合うんですよ。
なんせ会社は家の近くなので、通勤も時間がかからず便利です。
だったら7時に起きても良いじゃないかと思うでしょうが朝一発目にテレフォンセックスをします。
女性でもログインしている人妻とかいて、そういった方と朝立ちしたついでにエッチをするんですね。
朝立ちしているというと意外と女性が喜んでくれます。
そして昼間仕事をして夕方には帰ってきます。
食事を済ませてお風呂にも入ってビールを片手に持ちながら二回目のテレフォンセックスを始めていきます。
だいたい21時過ぎに始めるのですがこの時間だと人妻ではなく10代や20代前半が多くなるので若い子とセックスをする事ができます。
朝は携帯からやるのですが夜は予定もないですしパソコンを開いて行っています。
ノートパソコンでWEBカメラも設置済みなのでライブチャットのように見ながらする事もありますよ。
この時は可愛い子や巨乳の女性にあえてしておきます。
そのほうが目の保養に良いですし、明日からも頑張って仕事をしようという気持ちが湧いてきますからね。
通話だけでも楽しめますがやっぱり顔を見ながらのセックスは文句なしです。
巨乳なんて目の前におっぱいがあるようで、近づいてきてくれてカメラに胸を当てたときは自分の体に当てられているような感覚ですよ!

関連する記事

Copyright(C)2015どうして電話エッチにはまってしまうのかAll Rights Reserved.